FXのリスクを理解しよう

10月 14th, 2015 by viadmin

FXは今では最も人気ある投資と言われるまでになりました。それに伴って、今まで投資未経験者の方でも多く参加しています。確かにFXは他の投資と比較しても、初心者が始めやすい投資です。
しかし何もリスクの事を知らないで取引してしまうと、取り返しのつかないことになります。例えばレバレッジという仕組みをよく知らずのまま使ってしまい、とんでもない損失を負ってしまった初心者投資家もいます。
取り返しの付かない失敗する前に、FXのリスクをしっかりと理解して、リスクヘッジを行いましょう。


【FXのリスクとは】

FXには五つのリスクがあると言われています。
○為替変動によるリスク
為替相場は常に変動しています。もちろん自分が予測していない動きを見せることもよくあります。レバレッジを高めに設定しているとその分損失も大きくなるので、レバレッジと証拠金の関係性を適切な値にしておかなくてはなりません。これをしっかりと行いえば、借金を負うほどの損失を出すことは無いでしょう。
○金利変動によるリスク
FXにはスワップポイントというルールがあります。各国の通貨金利は異なっています。その金利差をFXでは受け取ることが出来るのです。これをスワップポイントと言います。しかし、この金利差によって得する時もあれば、損する時もあります。自分が保有している通貨の金利を常に把握しておきましょう。
○流動性リスク
通貨を大きく分けると、メジャー通貨とマイナー通貨の二種類に分けることが出来ます。マイナー通貨はスワップ金利が高いというメリットがありますが、その反面流動性リスクも変えてしまいます。スワップ金利が高いという理由だけで取引通貨を選択してしまうのは危険です。
○システム障害のリスク
取引は全てネットの中で行われます。そのネットがつながっていなくて取引決済することができない。こんなケースも充分にあり得ることなのです。
○取引業者に関するリスク
取引をするためには、取引会社に口座を開設しなくてはなりません。しかし口座を開設した取引会社が倒産してしまった場合はどうなるのでしょうか?取引会社が信託保全制度を行っていないと、あなたのお金が返ってこないこともありえます。
口座を開設する前に、信託保全制度の会社であるか必ず確認しましょう。
実査に取引を始める前にこの五つのリスクをしっかりと把握しておいてください。そしてリスクヘッジをして、楽しんで取引を行ってください。