FX外貨のペアをどう作りますか?

5月 22nd, 2014 by viadmin

外貨をペアで購入して2つの外貨の金利差額を利益とする売買方法があります。スワップポイントやスワップ金利などと呼ばれていて、違う外貨を組わせて購入することが条件となります。代表的な組み合わせはアメリカドルと日本円などがあるそうです。


FXでは外貨の特徴を知ること

スワップポイントで利益を作る場合には、FXでファンダメンタル分析などと呼ばれる通貨の影響の受けやすいニュースなどをマメにチェックする必要があるそうです。そのため、通貨ペアを組む場合、FX初心者はできるだけ流通量の多い通貨を利用することで、情報を集めやすくなるというメリットを享受することができます。流通量の多い通貨は、公用語として広く使われる英語の情報も多いそうです。


マイナー通貨を使う場合の注意点

現在注目されている通貨に、中国の人民元があります。これから市場はまだ拡大するとも言われているのですが、中国の一部のマイナー通貨は、海外へ多くの自国通貨が流出してしまうことを防止するため、金利を利用すると自動的にマイナスになってしまうものもあるのです。これは為替の動きなどが関係するものではなく強制的に取られてしまうものですから、FXでペアを組む際には、事前にその国の通貨をしっかりと下調べしましょう。

FXで決めるレバレッジと、レバレッジ規制のこと

5月 22nd, 2014 by viadmin

FXでは証拠金のお金以上のトレードが可能というのも、初心者や副業で投資を始める人の多い理由と言われています。証拠金よりも高いお金でトレードができるのは、てこの原理を使ったレバレッジという仕組みがあるからです。


FXのレバレッジは25倍まで自由に決められる

FXでは25倍までなら、自由に利用者が設定することが可能です。証拠金に対して何倍となるので、証拠金を10万円とすると、レバレッジを10倍にすれば100万円分のトレードができるのです。もちろん、利益もマイナス分も、10倍となります。過去、この設定は制限がなかったのですが、先物取引はリスクも大きい面があることから、日本では個人投資家には制限が設けられました。


ハイレバ取引をしたい場合はどうする?

ハイレバなどと言われる、高いレバレッジで売買を行なう場合には、個人なら海外のFX口座を利用するという方法と、法人化して、法人でFX売買を行なう2種類の方法があるそうです。海外の場合には、口座などの説明も英語となりますし、何かが起こった場合にもサイトを運営する国の口座と直接やり取りを行わなくてはなりません。日本のFX口座を利用してハイレバでのトレードを行うには、制限の対象から外れている法人で登録を行う必要があります。

FXの売りから、を理解しよう

5月 22nd, 2014 by viadmin

FXでは通貨の売買を行うのですが、購入した外貨は必ず売るまでがセットとなります。そのため、FXを開始したときに外貨が高い場合には、まず売る、そしてその後買うということも可能なのだそうです。しかし、手元にないものを売るとはどうゆうことなのでしょうか?


いったん借りて売るのがFXの売りから入る

FXのトレードは売買がワンセットとなるので、もっていない通貨を売る場合、まずは通過を借りるということになります。高い状態で先に借りるのですが、この貸し借りにはルールがあり、かえすときにも借りたときと同じ通貨で返すのです。つまり、アメリカドルなら、アメリカドルで返します。そのため、まず借りて売ってしまっても、購入するときに安くなっていれば、同じ値段でもたくさんドルを買えるということです。


価値が今より上がれば損が出る

利益が出る状態で一度先に売ったものを買う行為を買戻しといいます。日本円で10万円分のアメリカドルは、価値が下がれば10万円で借りたときよりもたくさんのドルを購入できるので、差額分を利益と考えます。もちろん、逆もあり得るので買った時よりも価値が下がり続けてしまうことがあれば、この場合にはマイナスが生まれるということになります。

長期間のFXトレードにある魅力

5月 22nd, 2014 by viadmin

FXでは多くの人が空いた時間だけトレードを行う、短期間のトレードが目立つと言われているそうです。それでも長期間、外貨為替や通貨ペアを所有することで利益を出すという人もいます。値動きが秒単位で変化するFXの外貨を長期で所有するメリットを知りましょう。


FX長期運用で見える金利差額の利益

FXの利益には大まかに分類すると2種類あります。もっとも有名なものが、外貨の売買で得る差額です。これは短期トレードでももちろん手にすることができるもので、安く買って高く売るを繰り返すことがポイントとなります。一方で長期トレードはこの差額と別に、金利差額という利益も追及することが可能となっているのです。ニューヨーク市場を繰り越した通貨ペアには金利が必ずつきます。この金利を毎日繰り越して得ることで、得るものです。


口座選びはしっかりと

FX口座は、短期売買で得をする売買手数料のかからない口座と、スワップ金利での利益を出すことに適した口座というメリットが違うものが多くあります。そのため、長期でトレードを行う場合には、スワップ金利に強いと言われる口座で運用することが大切なのだそうです。またできるだけ長い期間、トレードを終了せずに続けることから、レバレッジは低くし、確実に利益を出すスタイルが一般的と言われるそうです。

FXのトレードスタイルを決めておこう

5月 22nd, 2014 by viadmin

FXでは投資のスタイルというものがあります。空いた時間だけを活用するトレードを行う人が多いかと思いますが、利益を外貨為替の売買で得る方法、スワップ金利という金利差額で得る方法があり、売買の差額の利益だけを出すか、金利差額でも利益を出すかのトレード期間などでレバレッジも変わるからです。


FXで多いデイトレーダー

FXで最も多いと言われているトレードスタイルに、デイトレーダーという一日を一区切りとするトレードスタイルがあります。これは朝や空いている時間に為替を売買し、夕方や寝る前にはトレードを確定、終了して損益も確定させてしまう方法です。短期間の取引なのでレバレッジは高く設定する代わりに、寝る前などには損益にかかわらず、トレードを終了させることで、リスクを減らすそうです。


長期トレードでスワップ金利も狙う

金利というのは、ニューヨーク市場を数分でもまたぐことでつくものです。この場合、寝る前などにトレードを終わらせずに、なるべく長い間、同じペアの通貨を所有することで利益を出すそうです。スワップ金利で得られる一日の利益は少ないのですが、できるだけ長く活かすことで、少しずつ利益を貯めていきます。この方法はレバレッジをなるべく低くし、確実なトレードを毎日積み重ねるそうです。自分のあいている時間の他、シストレなども大きく活用する方法と言われています。